有田むきして食べれば、あなたも有田みかんアンバサダー。

web movie

有田みかんとは

和歌山の自然が育んだ
コクのある甘さ、美味しさ。

和歌山県有田地方で
みかんの栽培が始まってから、約450年。
紀伊国屋文左衛門が嵐の中、
船でみかんを江戸に運んだ話はとても有名で、
2006年には、地域団体商標の第一弾として
有田みかんが認定されました。
皮も中の薄皮も薄く、コクのある甘さ、
濃厚な味わいが特徴です。
そんな有田みかんは、
早くてカンタン、きれいに皮をむくことが出来る
「有田むき」に最適なみかんです。

有田みかんの機能

β‐クリプトキサンチン

β‐クリプトキサンチンは、がん抑制効果のほか、骨粗鬆症、肝機能障害、糖尿病、動脈硬化などの予防作用や脂質代謝改善作用にも高い効果があると期待されています。

ビタミンC

1日に必要とされているビタミンC(50mg)は、みかん3個程度で補えます。手軽にとれるビタミンC供給源といえます。

ビタミンB1

炭水化物をエネルギーに転換するのに不可欠な栄養素です。不足すると慢性疲労などの症状が出ます。熱に弱いので、みかんは摂取効率の良い食品といえます。

ヘスペリジン(ビタミンP)

フラボノイドの1種で、がんの原因の1つといわれる活性酸素を抑える「抗酸化作用」を持ちます。白い筋の部分に多く含まれます。筋を取らずに食べるとよいでしょう。

カリウム

利尿作用で、高血圧の原因となるナトリウムを体外に出す働きがあります。

食物繊維(ペクチンなど)

かんきつの特に皮、袋、筋の部分には、食物繊維が多く含まれています。ペクチンは水溶性の良質な繊維で、腸の中で水分を調節し、便秘を解消します。

β‐カロテン

カロテンは体内で、免疫細胞を活性化させるビタミンAに変化します。残りは抗酸化物質として働きます。

クエン酸

酸っぱさの成分であるクエン酸はエネルギーを作り出し、老廃物を体内に残さないようにする成分です。つまり、疲労回復に働いてくれるのです。

陳皮(みかんの皮)

皮には香りのもととなるリモネンなどを主成分とする精油が含まれています。皮を乾燥させてお風呂に入れると、この精油成分が溶け出し、毛細血管を広げて血行を良くします。

有田むきとは
ミカピー
果頂部から半分に割る
①の半分をさらに割る
②の要領で4分の1に
そのまま口に運ぶ

有田むき選手権

早くてかんたん、綺麗にむける有田むき。
その有田むきNo.1を決める選手権を開催!
有田むきして4口で口に入れるまでをInstagramで投稿。
むき始めから口に入れるまでの早さを競います。
我こそはという有田みかんアンバサダーのみなさん、
ぜひチャレンジしてください!

上位10名は、
東京のイベント会場にて
対決してもらいます!
No.1には100kgの有田みかんプレゼント!!
チャレンジしてみよう!
菊地亜美の出演決定
キャンペーン応募期間 有田むき選手権 10.24 → 11.14

キャンペーン参加方法

#有田むき選手権

Instagramを
インストール!

公式アカウント
フォローしよう!

有田むきの
動画を撮影しよう

#有田むき選手権をつけて
投稿しよう!

投稿イメージ

Instagramを
インストール!

公式アカウント
フォローしよう!

有田むきの
動画を撮影しよう

#有田むき選手権をつけて
投稿しよう!

投稿イメージ
  • 応募要項
  • 注意事項

有田みかん大使

  • 上杉 由香里
  • 津野 紘菜
  • 斎藤 瑞月
  • 山口 みなみ
  • 嶋本 有那
  • 有吉 由姫
  • 菊池 愛梨紗